martes, 5 de septiembre de 2017

7!! (Seven oops) – Byebye


Original: バイバイ

《Romaji》

Yappari kimi dayo ne?
Honto odoroita yo
futari yoku aruita namiki douri
ichinen buri ni miru kare wa kami ga mijikakute
otonabite mieta

fuzakete bakaride
hanashi wo kikanakute
watashi mo muki ni natte ita
kimi ga
otona ni naru no wo matezu ni touzakete itta no wa
watashi datta ne

itsumo MAINASU ichi do no ame ga furu
kimi ga kureta NAMIDA
sono yasashisa made wakaranakute
zutto kono mune wo shimetsuketa

Touri wo watatte
koe wo kaketai na
isshun omotta kedo ashi wo tomeru
majime na yokogao
kitto mou kimi no me ni
watashi wa utsuranai kara

itsumo
MAINASU ichi do no ame ga furu
Tsumeta sugiru NAMIDA
hagurakasu taido ni okotteta keredo
jitsu wa sukuwarete ita nda ne

kaze ni notta kumo ga yukkuri to ima futatsu
ni chigirete iku

hitori de katte ni tsuyo gatte
watashi wo kurushime teta no wa
kimi janaku watashi jishin datta ne
kimi ni deaete yokatta yo

itsumo
MAINASU ichi do no ame ga furu
kieteiku NAMIDA wa
kanosora no shimo omoide ni kawaru
kami wo tabanete aruki dasou

kono NAMIDA wo kitto wasurenai



《Kanji》

やっぱり君だよね?
ほんと驚いたよ
ふたりよく歩いた並木通り
一年ぶりに見る彼は髪が短くて
大人びて見えた

ふざけてばかりで
話を聞かなくて
わたしもむきになっていた
君が
大人になるのを待てずに遠ざけていったのは
わたしだったね

いつもマイナス1℃の雨が降る
君がくれたナミダ
そのやさしさまでわからなくて
ずっとこの胸をしめつけた

通りをわたって
声をかけたいな
一瞬思ったけど足を止める
まじめな横顔
きっともう君の目に
わたしは映らないから

いつも
マイナス1℃の雨が降る
冷たすぎるナミダ
はぐらかす態度に怒ってたけれど
実は救われていたんだね

風に乗った雲が ゆっくりと今ふたつ
にちぎれていく

ひとりで勝手に強がって
わたしを苦しめてたのは
君じゃなくわたし自身だったね
君に出会えてよかったよ

いつも
マイナス1℃の雨が降る
消えていくナミダは
夏の空の下 思い出に変わる
髪を束ねて歩き出そう

このナミダをきっと忘れない